投稿

2024の投稿を表示しています

死んだら終わりだったら……どうしよう

もし、あの世がなかったとしたら……死んだら終わりだってことになるよね。 👀「う~ん、死んだ後に行くところがなかったらそうなるんじゃないかな……」 何も感じない……何も考えられない状態なんて、想像しただけでも恐ろしくなってくる。 👀「でも、死んだ後は何も感じないし何も考えられないんだから、怖いって感じることもないよ」 そりゃそうだけど、考えてる今が怖い……。 👀「……今から死んだ後のことを考えてたってどうしようもないと思うんだけど……」 振り返れないならいつ死んでも同じ? 死んだ後に生きている頃のことを振り返れないとしたら……もしかしたら、いつ死んでも同じなんじゃないかな……生まれてすぐ死んでも百年生きてから死んでも変わらない気がするんだけど。 👀「たしかに死んだ後に過去の記憶があれば、あのときこうすれば良かったとかああすれば良かったとか振り返って後悔できるけど、生きていた頃のことを振り返れないってことは、死んだ時点でなにもかもが無くなって……この世に誕生しなかったのと同じ状態になっちゃうんだ……ということは……」 なんか、生きることって無意味なんじゃないかな~って感じてきた……。 👀「なんかそんな感じがするけど、でも、せっかく生まれてきたんだから生きていることに自分なりの意味を持たせてなんとか生きていく方法でも見つけたら」 そう言われても、どうすればいいんだろう……。 👀「もし、本当に死んだら終わりだったら、生きているこの瞬間こそがすべてなんだよ、だから人生に意味を持たせることができれば、それが生きていく支えにもなると思うよ」 何も無い状態でのほほんと生きていくよりは、ましなのかな……。 👀「何かを信じたり、生きがいを見つけたり、大切なものを守るとか、何かしらが人生の糧になるようなことに意味を見いだすことができればいいんじゃないかな」 死の恐怖の緩和策 でも、どんなに生きている今に焦点を合わせていても、ある日突然、死の恐怖が襲ってくるかもしれないよね……そんなときはどうしたらいいんだろう。 👀「やっぱり、そういう時もあるよね……そんなときは永遠の命がある人間はひとりもいない、みんな遅かれ早かれいつか必ず死んじゃう、だから、自分だけじゃないって思うようにしている、そう思うと少しは気分が楽になるかな」   死んでから行くところが無い   ⇩   みんな死

お金があっても買えないもの 

世の中にはいくらお金があっても買えないものってたくさんあると思うんだけど、いったいどんなものがあるんだろう……。                          👀「そんなものは存在しないよ、お金があればなんだって買えちゃうのが今の世の中だから、お金があれば買えないものなんてないと思うよ」 でも、お金持ちがよく言う、世の中お金じゃないっていうのはお金があっても買えないものがあるからじゃないの。                              👀「それは、売っていないものを欲しがっているからだよ」 売っていないもの?……。                                  👀「そう、どこにも売っていないものを欲しがったって、買えるわけないんじゃないの、そんなものはお金があってもなくても買えないものだよ」 そう言われてみるとそうだね、世の中で売っていないものはお金がたくさんあったって買うことはできないよね。                                👀「そう、なので世の中で売っているものだったら何でもお金で買うことができるんだよ」 それじゃあ結論は、お金があっても買えないものはこの世には存在しないってことだね。 👀「その通り、でもお金持ちになって何でもお金を使って手に入れてしまうと、今度は可能性を超えたもの(愛、時間、命など)まで欲しくなっちゃうんだ、でもどこにも売ってない、そうなると世の中はお金がすべてじゃないっていう考えに陥り、お金があっても買えないものを羅列していっちゃうんだね、実際はお金があってもなくても手に入れることはできないんだけど」 売ってもいないものを欲しがるなんて、単なるないものねだりなんだね。 👀「人間の欲望には際限が無いからしょうがないけど」 売ってもいないものに対して、お金があっても買えないものっていうのはなんか当たり前すぎる感じがするから、どんな手を使っても手に入れられないもの、でいいんじゃないかな。                                     👀「なんか、そんな感じでいいと思うよ」 あ~あ、億万長者になって永遠の命を買おうと思ってたのに、売ってないんじゃしょうがないか……。         

断捨離が心に与える効果って何だろう?

イメージ
断捨離っていうのは、主に物理的なものを整理したり整頓したりすることを指すみたいだけど、そのプロセスが心に深い影響をあたえているみたいなんだ。  👀「へぇ~、断捨離って心にも影響をあたえているんだ」 不要な物を手放すことで、頭の中が整理され、過去の出来事や未来の心配事に縛られずに済むようになり、それが安心感に変わっていくみたいなんだ。 👀「なるほど、心に安心感をもたらすんだね」 それに、不要な物が減って周りが整然としたおかげで、集中しやすくなったり、物の数が減っているぶん注意力が散漫にならなくていいらしいんだ。 👀「確かに、そう言われてみるとそんな感じがするような気がする」 でも、過去の思い出や感情がつまった物を手放すのは、なんとなく寂しい感じもするね。 👀「う~ん、だけど、過去に縛られているよりも現在と未来に焦点を当てていったほうが心は楽になるのかもしれないね」 そうかもしれない……断捨離を通じて、何が本当に重要で、何が自分にとって意味のあるものなのかを見つめ直すいい機会になると思う。 👀「そうだね、自分の価値観や目標にあわないものを手放すことで、もっと自己認識が向上するかもしれないしね」 断捨離を通じて、物との関係を見直すこともできるし、物に縛られたり、物が支配するのではなく、自分がものを使いこなす主体的な存在として意識を高めることができれば、心にも良い影響を及ぼすと思うんだ。 👀「断捨離は単なる整理整頓だけでなく、心にも重要な要素だってことだね」 断捨離を成功させて心をクリアにすれば、より健康でやる気のある生活になれるような気がしてきた。 👀「ミニマリストも目指していたんだから丁度良いんじゃない……まずはすぐに行動に移さないと……考えてばかりいると単なる理想で終わっちゃうよ」 ……そう……だね……。 👀「……」 投稿:2024.2.5 

変わりゆく田舎の風景

イメージ
見える景色が山や田んぼばかりの、どう見ても田舎だ、というところに住んでいる。 買い物に行くのにも車がないと不便に感じる……ていうか生活に支障をきたすレベルである。 それに、山に囲まれている盆地なので、夏は暑く冬は寒いから結構厳しい。 そんな感じの田舎に、これまでの景観とは違うものが増えてきている。 それは太陽光発電をするためのソーラーパネルである。 もともと山だった場所や田んぼだった場所が、いつの間にかにソーラーパネルが設置され、どんどん景観が変わりつつある。 太陽光発電のためのソーラーパネルの設置が増えているのは、エネルギーの供給不足の補完のためなのか、それともビジネスで儲けるためなのかは……分からない。 ただ、山に生えていた木が地球温暖化を防ぐために重要であり、田んぼは食料を生み出す重要な場所であることは、誰でも理解していることだとは思う。 それなのに……人間は口では環境保護や食料生産の大切さを語りながらも、目先の利益や楽しさを優先してしまった結果なのかもしれない。 それに、電気のある生活を捨ててまで、ソーラーパネルの設置を反対する人間なんていないとも思う。 誰もが心のどこかでは、地球の未来や子供の将来を考えていると言っているけど、実際には自らの快適さや便利さを最優先してしまうのが人間の本来の姿だと思う。 田舎の風景はこれからもどんどん変わっていくと思うと、なんとなくだけど寂しくも感じる。 ソーラーパネルを設置したその結果が環境にどのような問題を引き起こすか、ということは誰もがなんとなく理解はしていると思う。 最悪の場合でも、人間は他人のせいにすることで自分自身を守ってきた歴史があるため、この先も誰かのせいにしていくと思う。 そうやって田舎の風景は、本当に大切なものを壊しながら変わっていく……。 投稿:2024.1.25  

エナジーバンパイアとはいっしょに働くな!

イメージ
世の中にはエナジーバンパイアというものが存在している。 なんか映画やゲームに登場するキャラクターみたいだが、エナジーバンパイアとは会社の中にいる特定の人物を指しているらしい。 そのエナジーバンパイアと呼ばれている人物は、会社にいる他の人間から大切なやる気エネルギーを吸い取り、さらに職場の雰囲気まで悪くさせてしまう途轍もなく厄介な存在である。 大切なやる気エネルギーを奪うエナジーバンパイアの特徴とは……。 機嫌が悪い 人間なんだから機嫌の悪い日もあるのはしょうがないが、エナジーバンパイアは機嫌が悪い率がかなり高いので、いっしょに働いているだけでみるみるやる気エネルギーが奪われていってしまう。 愚痴を言う 愚痴とは批判である、批判するということはネガティブ状態である、たまになら聞いてあげるのもしょうがない気もするがエナジーバンパイアは毎日何かしらの不満を垂れ流す、長期間その状態に身を置いていると心が病んでしまう。 マウントを取ろうとする 上から目線によるいらないアドバイス、そんなこと大したことはないと言いながらの自慢話など……鬱陶しく感じてしまった時点でやる気エネルギーは削られている。 まだまだありそうな気はするが、このエナジーバンパイアと言われる人物と長期間にわたっていっしょに仕事をしてしまうと、大切なやる気エネルギーを奪われてしまい最後は心を病んでしまうか、もしくは同じようなエナジーバンパイアになってしまうかのどちらかになる可能性が高い。 なにか有効な対策がないかいろいろ調べてみたが、たいして有効な対策は見つからなかった。(過去と他人は変えられないのに、何とかしようとする対策がほとんどだった) となると残された対策は距離を取る、他の部署があるのなら異動願を出す、別の職場を探して転職する、くらいしかない……あとは独立するとか。 なぜ人間は心を病んでしまうのか、それは食べていかなければならないから職場での多少の不快感は我慢すべきだ、という思い込みからきている。 そんなことで心を病んでしまうと、いずれ体調まで悪くなる。 他人のせいでこうなったと思った時点で、あなたを苦しめたエナジーバンパイアと同じ心境になり、そうやってあなたもエナジーバンパイアになっていってしまう。