投稿

食肉加工工場で学んだことが退職後の食生活で役に立った話

食肉加工工場で働いていたときは、トラブルの多い人間関係、忙しい仕事、安い給料などで不満ばかり感じていた。 食肉加工工場で働いていた時に感じていた不満 しかし、退職後に振り返ると、その経験から学んだ多くのことが、後の人生にプラスになっていると感じている。 手洗いの重要性 食品工場では、作業前やトイレの後、異なる作業をする際に頻繁に手を洗うことが徹底されていた。 この習慣は家庭でも続けており、今でも、調理前や食事前にしっかり手を洗い、アルコール消毒をしている。 コロナでは手洗い、アルコール消毒が推奨されていたが、それまでやっできたことを継続していたので、感染するということは無かった。 クロスコンタミネーション防止 生の肉や魚と野菜を同じ場所で扱わない、まな板や包丁を使い分けるなど、工場で学んだ知識を生かして家庭内での食材の交差汚染を防いでいる。 清掃と消毒の重要性 工場では手が触れる場所(蛇口やドアノブ、証明や機械のスイッチなど)の清掃と消毒は徹底されていた。 今でも、家庭内で同じような場所の清掃、消毒は怠っていない。 現在、特に注意しているのがスマートフォンの消毒を怠らないようにしていることである。 どれだけ汚染されているかは想像できると思う。 有効期限の管理 工場での賞味期限や消費期限の管理方法を家庭でも応用し、冷蔵庫や食品棚の中で古いものを手前に、新しいものを奥に置くことで食品ロスを減らしている。 さらに、常に食べきれる量の食材を買うように意識している。 ゴミの適切な処理 工場での廃棄物の管理方法を学んだおかげで、家庭での生ごみやプラスチックゴミの適切な分別や処理を行えるようになり、衛生的な環境を保てるようになった。 温度管理の徹底

ホメオスタシスって何だろう?

イメージ
この前ふと思ったんだけど、人間の体温って一定に保たれているよね。 👀「そうだね、だいたい36度くらいに保たれているんじゃないのかな」 それに、暑いときには汗をかいて気化熱により体を冷ましているし、寒いときには体を震わせ強制的に運動を起こして体を温めているし、外部の気温に影響されないように体温を一定に保てる調節機能があるってことは凄いことだよね。 👀「……それってホメオスタシス(恒常性)のことじゃないの」 ホメオスタシスとは? ホメオスタシス?……。 👀「ホメオスタシスってのは、生物において、その内部環境を一定の状態に保ち続けようとする機能のことだよ、この機能により体内の状態を安定させ、健康を維持することができるんだ」 ふ~ん、生物にはそんな機能が備わってるんだ。 👀「他にもいろいろあるよ、体の働きを調節する自律神経やホルモンを分泌する内分泌系とかの働きによって、体温や血糖値、血圧などが適切に調整されたり、免疫系が病原体がいない状態にしたり、健康な状態が維持されているのはホメオスタシスが働いているおかげなんだよ」 いろんな機能があるおかげで人間は生きていられるんだね。 👀「そうだよ、生きていることって凄いことなんだよ」 ダイエットとホメオスタシス ダイエットをしたことがあるんだけど、なぜか毎回失敗するんだ。 👀「それもホメオスタシスが働くからじゃないかな」 でも、ダイエットは自分の意志との戦いだから、生体機能は関係ないような気もするけど。 👀「急激に体重を減らしたりすると、ホメオスタシスが体を元の体重に戻ろうとする力を発揮させるんだ、そして、あの手この手を使って意思をくじこうとしてるんじゃないのかな」 えっ、意志にまで働きかけるの……。 👀「そうだよ、急激なダイエットは体が不調になることもあるから、本能がホメ

死後の世界より現在の生き方が大事

イメージ
もし、あの世がなかったとしたら……死んだら終わりだってことになるよね。 👀「う~ん、そういう考えもあるけど、死後の世界については誰にも確かなことは分からないんだよね」 何も感じない……何も考えられない状態なんて、想像しただけでも不安になってくる。 👀「でも、今は生きていることに集中して、毎日を大切に過ごすことが大事だと思うよ」 そりゃそうだけど、考えてる今が怖い……。 👀「……今から未来のことを心配するよりも、今できることに目を向けることが大事だと思うんだけど……」 振り返れないならいつ死んでも同じ? 死んだ後に生きている頃のことを振り返れないとしたら……いつ死んでも同じなんじゃないかな……。 👀「過去を振り返ることができないとしても、今をどう生きるかが大事なんだよ、どんなに短い時間でも、その瞬間に価値を見出せるようにしないと」 う~ん、生きることに価値を見出すっていっても、どうすればいいんだろう……。 👀「例えば、趣味を持ったり、家族や友人との時間を大切にしたり、何かを成し遂げる目標を設定したり、生きる支えになることはいろいろあると思うよ」 何も無い状態で生きていくよりは、ましなのかな……。 👀「そうだね、何かに夢中になることが人生を豊かにする秘訣だよ」 死の恐怖の緩和策 でも、どんなに生きている今に焦点を合わせていても、ある日突然、死の恐怖が襲ってくるかもしれないよね……そんなときはどうしたらいいんだろう。 👀「そういう時もあるよね、そんな時は、みんなが同じように感じていることを思い出すと少し気が楽になると思うよ」   たしかに自分だけが経験するものじゃないから、その点はみんな同じなんだよね。 👀「それと、いろんなものを手に入れれば入れるほど、死の恐怖を感じる割合が高くなると思うんだ」 えっ、どうして?……。 👀「命と一緒に、それまで手に入れたも